【STORY】Episode2【初ステージ披露!】

15人の少女たちの未来を決める、過酷なサバイバルバトル。初のステージが披露された。

K-POPメソッドの厳しいトレーニングを受けている15人の日本人練習生たちが、さまざまなミッションを乗り越えて、世界に通用するガールクラッシュグループを目指すサバイバル番組『Who is Princess?』。デビューできるのは、15人のうち5人だけ!


第2話は、いよいよ1名の脱落者が決まる「ボーイズグループダンスバトル」のミッションステージ本番へ。

「ボーイズグループダンスバトル」は、デビューに近い「PRINCESS組」がStray Kidsの「Back Door」、脱落候補の「CHALLENGER組」がNCT 127の「Kick It」のダンスパフォーマンスを行います。


「ボーイズグループバトル」のジャッジを下す「鬼コーチ」は、TWICEや少女時代の振り付けも手掛けるダンス界のカリスマ、ウンギョン先生


1話で、「PRINCESS組」よりもパフォーマンスを評価された「CHALLENGER組」は、本番前日のチェックでウンギョン先生から「PRINCESS組と比べて余裕がない。バックダンサーになるわけではないので個性を出さないと」と指摘され、13歳という最年少ながらダンス歴の長いRINを中心に話し合いを重ねます。


一方「PRINCESS組」は、初回のチェックで冒頭の見せ場となるジャンプシーンNANAからYUMEKOに変更するというハンデを負ったが、そのYUMEKOを中心に、着実に練習を積んでミッションステージに挑みます。


巨大なステージセットが組まれたスタジオに、ホストの西川貴教さんが登場し、いよいよ本番がスタート。


メイクも衣装もバッチリ決めた「PRINCESS組」と「CHALLENGER組」に、ウンギョン先生は・・・

「ポイントは、チームワーク、表現力、コピー能力」だと告げました。


練習性が、わずか1週間で仕上げたステージ。果たしてその出来栄えとは!?


まずは「CHALLENGER組」のステージ!

▼男性らしいダイナミックな振り付けに挑戦した「CHALLENGER組」!

▼最後までキレのあるパフォーマンスで魅了しました。


一方「PRINCESS組」は、しなやかな動きと息のあったチームパフォーマンスを披露!


▼指先までピッタリ合った美しいステージ!


最高のパフォーマンスを魅せた「PRINCESS組」。

ウンギョン先生の評価は…



高評価に安堵する「PRINCESS組」。ウンギョン先生は、1人ずつに対してもステージの評価をしていきました。


そして残すは・・・



15人の中からついに出てしまう、脱落者・・・。

果たして、最初の脱落者は誰になってしまうのか・・・?


3話の放送をお楽しみに!!



▼3話の予告映像

▼放送&配信一覧はこちら

https://www.who-is-princess.com/platfprm